ガバナンス

HOME / サスティナビリティ / ガバナンス
/ ハラスメント防止に向けた取り組み

ハラスメント防止に向けた取り組み

当社は、ハラスメントのない職場づくりを目指しています。ハラスメントによる業務への支障や貴重な人材の損失、個人の尊厳や人格を不当に傷つける等の人権に関わる行為を許しません。新たに「ハラスメント防止規則」を制定し、全社員で理解を深め、どの職場においても一人ひとりを尊重し、気持ち良く働ける職場づくりを推進しています。また、ハラスメント対処方針に則り、ハラスメントの撲滅に努めてまいります。

ハラスメント対処方針

  • ・CSPは、いかなる理由があっても、職場におけるハラスメントを容認しません
  • ・CSPは、ハラスメントを生じさせない職場環境づくりに努めます
  • ・CSPは、発生したハラスメントの是正・解決に努めます
  • ・CSPは、ハラスメントの行為者に対しては、厳正なる処分を科して臨みます

ハラスメント防止研修

役職者、管理職を対象に社外講師、所管部長によるハラスメント防止研修を定期的に実施しています。
パワハラ、セクハラなど各種ハラスメントに対する正しい認識を持ち、ハラスメントが発生しない環境、お互いを尊重して気持ちよく働ける環境を構築することが目的です。

【2022年度実績】

ハラスメント相談窓口の設置

当社は各種ハラスメントに関する社員の相談・連絡を受け付ける窓口を社内外に設置しています。
社外は法律事務所と提携し、社内では監査部業務監査室が窓口になります。相談窓口に連絡があった場合は、速やかに対応を行い、必要に応じて関係部署とも連携し、早期解決に導くことで働きやすい環境づくりを推進しています。

ハラスメント防止ポスターの掲示

ハラスメント防止に関わるポスターを各職場に掲示することで意識の定着に努めています。