文字サイズ

  • 警備・セキュリティの資料請求
  • 警備・セキュリティのお見積依頼
  • お問い合わせ

 

CLOSE



  昔の人は、ガスも電気もない不便な時代だからこそ、シンプルかつ効果的な防犯対策を考えて
いました。

  現代の私たちも、先人の賢い知恵を活かして”防犯のココロ”を忘れずにいたいものです。

  そんな想いを込めて、CSPセントラル警備保障では、昔の人の名言から現代の防犯対策を考える
 『古に学ぶ防犯のココロ』の連載を始めました。
  これから毎月、古人の名言をご紹介しますのでお楽しみに♪

  では早速、次の名言は誰の言葉か分かりますか?

  ○ 第一回   『一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ』(9/15UP)
 
   ○ 第二回   『平常心をもって一切の事をなす人 これを名人という也』(10/15UP)
 
   ○ 第九回   『人は城 人は石垣 人は堀 情けは味方 あだは敵なり』(5/15UP)
 
   ○ 第十回   『国を 滅ぼす言葉は 「どうにかなろう」の 一言なり』(6/15UP)

   ○ 第十一回 『唯今がその時、その時が唯今なり』(7/15UP)

       ○ 第十二回 『天災は忘れた頃にやって来る』(8/15UP)