文字サイズ

  • 警備・セキュリティの資料請求
  • 警備・セキュリティのお見積依頼
  • お問い合わせ

 

CLOSE

設置の義務化

総務省消防庁は、住宅火災による死者数を減少させるため、消防法を改正し、戸建て住宅等に住宅用火災警報器等の設置を義務付けました。

住宅用火災警報器設置の効果はこちら

施行時期

新築住宅 平成18年6月1日より
既存住宅 各市区町村条例による期日より
※新築住宅への適用から原則2~3年後

設置場所

寝室  必須

日常的に就寝に使う部屋に設置します。子供部屋等も就寝に使用している場合は、対象となります。


寝室

階段  必須

階段がある階の上部に設置します。
3階建て以上の住宅の場合、寝室がある階から2つ下の階の階段に設置します。
寝室が1階のみの場合は、居室のある最上階の階段に設置します。


階段

廊下  部屋数により

寝室を除く居室が5部屋以上ある階の廊下に設置します。

廊下
廊下

台所等   条例により

市町村の火災予防条例により設置が義務化されている場
合に設置します。


台所

例えば、お子様二人とご夫婦の5LDK一軒家の場合、それぞれの寝室に1個ずつ、階段に1個、市区町村の条例によっては台所にも設置が必要ですので、5~6個の火災センサが必要となります。

煙雷・熱雷ならお手軽価格で簡単導入

 

インターネットからのお問い合わせ(個人のお客様)

資料請求

お見積依頼

お電話からのお問い合わせ

24時間365日受付中! 0120-810602