文字サイズ

  • 警備・セキュリティの資料請求
  • 警備・セキュリティのお見積依頼
  • お問い合わせ

 

CLOSE

ポンカメ ご利用イメージ

用途に応じたセンサーと組み合わせると、さまざまなシーンでご利用いただけます。

非常ボタンと連動して緊急事態を監視

非常ボタンとの連動以外にも、踏切障害物検知装置などと連動させることで踏切内のトラブルや遮断棒折損の原因究明にお使いいただけます。

非常ボタン

■非常ボタンとの連動
非常ボタンなど、押しボタンと連動して、押された瞬間の前5秒間後5秒間を0.5秒間隔で写真を撮影します。
※何度も連続しての撮影には約3分の撮影間隔が必要です。
■踏切の非常ボタンとの連動も可能
非常ボタンとの連動以外にも、踏切障害物検知装置などと連動させることで、踏切内のトラブルや遮断棒折損の原因究明にお使いいただけます。

人気がない場所の盗難・いたずら・不審者を監視

人体感知センサーなどの各種センサーと組み合わせることで、最近頻発している資材の盗難や、絶えず悩まされる自動券売機や駐輪場へのいたずらの発見に役立てることができます。

センサーライト

■センサーライトとの連動
人気のないところに、人がやってくるとセンサーライトが感知し、ライトが点灯すると同時にその前5秒間後5秒間を0.5秒間隔で写真を撮影します。
※感知の感度はセンサーライトの機種の性能によります。
※感知前の約10枚の写真は、ライトが点灯していない状態での写真となります。
※人通りが多い場所に設置されますと、都度写真が撮影されるために、すぐにメモリーがいっぱいになります。

重要な部屋の出入りや扉の開け閉めを記録

マグネットスイッチやドア信号と連動させると、金庫や券売機の取り扱い管理、重要な部屋や通用門の通行管理といったセキュリティーシーンにも活用いただけます。

マグネットスイッチ

■マグネットスイッチとの連動
開閉を記録したい扉にマグネットスイッチを設置すると、扉の開閉の際に前5秒間後5秒間を0.5秒間隔で写真を撮影します。
開閉が多い扉に設置されますと、都度写真が撮影されるために、すぐにメモリーがいっぱいになります。


インターネットからのお問い合わせ(法人のお客様)

資料請求

お見積依頼

お電話からのお問い合わせ

24時間365日受付中! 0120-810602