営業部門 営業本部 営業第三部 主任須藤豪耶Katuya Sutou
(2010年4月入社)

トータルプロデュース力で期待を超える提案によりお客様から信頼を高め、新たな顧客を開拓していきます
私の履歴書

学生時代にのめり込んだ野球で学んだ精神が生きています 学生時代は野球しかしていなかったと思うくらいのめり込んでいました。野球はチームワークが大切なスポーツですから、野球を通じて学んだ礼儀や、何事にも周囲に感謝を忘れない気持ちが培われ、私の土台となっています。現在の仕事は、様々な年齢・職種の方と協力して行う一つの仕事を完遂させなければならず、野球で学んだ精神が生かされていることを感じています。

会社の第一印象を左右する顔として
誠実な対応を心がけています

営業は、警備を必要とする方に、ご希望にあったセキュリティサービスをご提案させていただき、商談が成立後、工事に立ち会うなどして弊社の警備システムを導入するまでお客様の対応させていただく仕事です。主にWEBや電話でお問い合わせをいただいたお客様の元へお伺いすることが多いのですが、新築のビルやマンションが建築された時、お声をかけて商談させていただくことも多くあります。
担当するエリアは関東全域で、平均1日3社くらい回っています。商談の多くは、同業他社との競合になりますので、ご提案時にはお客様の立場に立ってきめ細やかなサービスを行う弊社ならではの利点や付加価値を盛り込み、他社との違いを明確にしながらアピールしています。
営業は最初にお客様とお会いする会社の顔。一度、弊社の警備システムを導入していただいたお客様とは、長いお付き合いをさせていただくことになりますので、第一印象がとても大切です。身だしなみ、服装、言葉使いなどに気を付けて、いつも誠実に対応をすることを心がけています。

お客様第一に考え、他部門との連携を図り、
仕事の要となることが営業の大切な役目です

営業の仕事はお客様との応対だけではなく、社内の他の部署と綿密な連携をとることも必要とされます。たとえば警備プランを立てる際、システムに関する専門的事柄については、技術部門と相談しながら一緒に組み立てていかなければなりません。また、プランの構築ができたら、対応するパトロール隊が動くことができるかどうかも、事前に運用部門の担当者と相談します。営業が要となって、技術部門、運用部門の各部署と上手く連携を取りながら、最善の警備プランを提案することで、新たなお客様が開拓できます。
こうした連携を取りながら構築し、警備プランを満足していただき、商談が成立したときは、本当にうれしいですよ。
忘れられないのは、弊社と初めてのお取引いただいたあるビルのオーナー様とのエピソードです。導入したセキュリティシステムをとても気にいってくださり、所有するビルのすべての警備を、弊社にお任せいただけると決断をしてくださいました。技術部門や運用部門の担当者と綿密な打合せをし、お客様を第一に考えて構築したシステムでしたので、自分たちの仕事が認められた気がして、皆で、喜びを分かち合いました。

幅広いサービスを提案し、警備会社の可能性を広げていきます

昨年、私は、セキュリティプランナーという全国警備業協会認定資格を取得しました。これは、常駐警備、運輸警備、機械警備のすべてに熟知しており、それらを組み合わせた複合的な警備プランがご提案できることを証明する資格です。この資格を取ったことで仕事の幅が広がり、お客様からの信頼も厚くなったことを実感しています。
私が、弊社に決めた大きな理由は「全国のホームセキュリティの導入率は1%程度」という話を会社説明会で聞き、この業界はこれから先もまだまだ発展していくだろうと思ったことでした。成熟した業界で仕事をするよりも、伸びしろの大きな業界のほうが、新しいことにチャレンジしながら、可能性を切り開いていける点に魅力を感じたのです。実際に入社してみると、社内には活気があり、社員1人ひとりがエネルギッシュで、皆、生き生きと仕事をしています。頑張ればその分、評価もしていただけるので、やりがいも感じています。
これからも、警備のスペシャリストとして、お客様が何を望んでいるのか、何を提供すると喜んでいただけるのかを常に考えながら、お客様の期待を超えるようなサービスや、セキュリティシステムを提案し、警備会社としての可能性を広げることに貢献していきたいですね。

一日の仕事の流れ

08:30
出社
メールのチェック・スケジュールの確認
09:00
ミーティング
当日の行動予定を共有
09:30
商談
お客様に必要な書類を持って出発
12:00
休憩
外出先にて昼食をとる
13:00
お客様訪問
建築中のマンションで警備システムの工事に立ち会う
15:00
お客様訪問
システムの使用方法について説明に伺う
17:30
帰社
仕事のまとめ・社内処理。見積書作成や契約書の作成
18:30
帰宅
明日のスケジュールの確認し、机を整理した後、帰宅

先輩に聞く!突撃Q&Aコーナー

Q.上司・先輩の背中がまぶしく見えたときは?

お客様からの要望にどうしても答えられずに悩んでいたときです。上司が今までの経験から解決策を見出して、自分自身で課題を乗り越えられるようなアドバイスをしてくれました。その教え方は具体的で、類似の課題に直面した際にも解決のヒントになるような実践的な内容で、こういった応用力のあるアドバイスができるような上司になりたいと思いました。

Q.これから挑戦してみたいこと・将来の夢を教えてください

警備のスペシャリストとして、会社に貢献できるような人になりたいですね。また、2020年の東京オリンピックにも会社として関われるように頑張りたいですし、もし弊社が何か役目をいただいたら、仲間と協力し合い、盛大に開催できるように私自身も力をつけていきたいです。

Q.就職活動を行う学生の皆様へのメッセージ

就職を決める観点はそれぞれ違います。自分の目じっくりと各企業を比較し、確かめ、後悔のないように就職先を選んでください。

私のオフの過ごし方

地元で高校時代のチームメイトと草野球チームを組んでいますので、休日は練習に明け暮れています。春・夏・秋は、大会にも出場するんですよ。そのほかにもスノーボードやサーフィンなどのシーズンスポーツ、職場の先輩方とゴルフなどをして過ごしています
pagetop