CSPの仕事

常駐警備

迅速な対応と機転、そして適切な判断

派遣先である施設や、住宅の安全を守るのが常駐警備の仕事です。
その業務内容は出入管理に始まり、巡回、監視とさまざま。担当する施設も多岐にわたります。
求められるのは微細な異常を発見する能力、状況に即応する行動力だけでなく、来訪するお客様の応対やご案内も大切なサービスの一環です。
任務に厳格であり、また人としての礼節をわきまえ、優しさを持ちあわせること。常駐警備とは、この両面が求められる業務なのです。

お仕事紹介

立哨業務

建物や施設の玄関、エントランスホールなどに立って警戒にあたります。
警備員の厳格な勤務姿勢が、犯罪の抑止につながります。

巡回業務

施設を24時間安全、快適に保つため、それぞれに合わせたプランを策定し、定期的に巡回をおこないます。
訓練を受けた警備員が事故の未然防止、被害拡大に努め、お客さまの大切な施設を守ります。

監視業務

お客さまの施設内の防災センターに常駐し、設置されている各種防災・防犯監視盤や、監視カメラの画像を監視します。異常を検知した際には、お客さまの大切な建物や財産を守るために、迅速に対応に当たります。

出入管理業務

警備員が、不審者・不審物や不審車両などの侵入を防止し、事件事故の発生を未然に防ぎます。企業の情報漏洩や、犯罪の防止には不可欠な業務です。

受付業務

お客さまのご要望に合わせ、企業の顔として会社のイメージアップを担っていることを意識し、接客をいたします。又、企業内の巡回業務もおこなう。受付担当者は、警備員同様に緊急時の救命訓練等の教育を受けています。

pagetop