CSPの仕事

営業

お客様のニーズに応えながら、
さまざまな付加価値を提供する

お客様に最適な警備システムを提案するのが、営業部門の業務です。そのため、CSPの営業マンは、警備システムのプロフェッショナルでなければなりません。
お客様と接する上で大切なのは、しっかりと相手の要望を聞き取ること。画一的な提案ではなく、施設の特徴をとらえ、お客様のニーズにしっかりと応えられる最適な提案を考えなくてはならないのです。
CSPが生みだす最適な警備システムの総合プロデューサー、それが営業部門の仕事です。

お仕事紹介

お客様要望のヒヤリング

お客様がどのように安全・安心な警備スタイルを臨んでいるか確認を行う。

定期的な顧客訪問

既存のお客様へ定期的なアフターフォローを実施する。

警備プランの作成

お客様の臨んでいる警備システムを形にしてプランを作成する。

営業情報の収集

各地域の市場や犯罪状況など、確認をし営業活動を行う。

契約先の管理

各お客様の警備システム図・緊急連絡先など、個人情報の管理を行う。

プレゼンテーション

警備計画や新規企画など、お客様や上司に説明をおこなう。

pagetop